Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    物流連 羽尾審議官へ荷さばき施設要望書を提出

    2015年9月15日

     
     
     

     物流連(工藤泰三会長)は9月14日、国交省の羽尾一郎物流審議官を訪れ、「大規模建築物の荷さばき施設の計画設計方法について(提言)」を提出した。
     物流連では、昨年11月に設置した「オリンピック・パラリンピックに伴う大規模施設対策等小委員会」で、五輪開催を契機に想定される大規模建築物の建造に関し、物流面からの視点で、どのような対策を取るべきか検討を続けてきた。今回の提言は、5回にわたる小委員会活動の成果として取りまとめたもので、大規模建築物を設計する際、荷さばき施設の整備を行うことの重要性を検討項目ごとに記載している。
     項目は、(1)原則として4トン車が建築物に出入りできるような「車両出入り口の必要な高さの確保」(2)貨物車1台あたりの最小駐車スペースなどを提示した「駐車・荷さばき用スペースの確保」(3)効率的な運用に配慮した「貨物用エレベーターの設置」④建物内の搬送通路での作業効率を上げるための「館内動線の確保」――について、具体的な数値を挙げながら設計段階からの物流への配慮を提案している。


    092504.jpg
     物流連では、今後も幅広い関係者の理解を求めつつ、大規模建築物に関する物流の問題点解決に向けた検討を継続していくとしている。
    ◎関連リンク→ 日本物流団体連合会

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら