Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    JAL 新コンテナ開発、定温輸送を強化

    2015年10月2日

     
     
     

     JALは9月30日、電力を必要とせず、従来よりも定温維持能力の高い新型コンテナを開発・導入し、医薬品・生鮮品など定温輸送でのサービスを強化すると発表。
     新型コンテナは内部に真空断熱材を使用。高性能蓄冷剤を冷媒とすることで、内部の温度を従来型より長時間、一定に保つことができ、高い定温維持能力を実現している。
     同社では、「医薬品向けに15~25度の室温帯の蓄熱剤を導入するが、蓄熱剤を蓄冷剤に入れ替えることで、農水産物の保冷・冷凍輸送が可能になる」としている。


    100809.jpg
    ◎関連リンク→ 日本航空株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら