Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    沼尻産業 「ECささげ物流」開始、EC物流代行を提供

    2015年10月20日

     
     
     

     沼尻産業(沼尻年正社長、茨城県つくば市)は10月15日から、インターネットでECサイトを運営している事業者を対象に「ECささげ物流」サービスを開始した。「ささげ」とは、「撮影」「採寸」「原稿」の頭文字で、これら三つの作業を総称する言葉。EC業界で定着しつつあるという。
     新サービスは楽天、ヤフー、アマゾンなど大手ECモールや自社ECサイトを運営する事業者、または今後、ECサイトの立ち上げを予定している事業者に代わり、クラウド型の受注管理システム、ささげ管理システム、WMS(倉庫管理システム)により一括して受注・ささげ・在庫管理を行い、様々な流通加工のほか発送代行まで請け負うもの。
     このうち目玉となる「ささげサービス」は、商品入庫と同時に倉庫内スタジオで、ささげを行うため、即座にECサイトでの販売が可能となるとともに、ささげ業務のコストが削減できる。


     沼尻産業では「2020年(東京オリンピック開催)に現在の11兆円から20兆円に拡大が予想されるEC市場で、当社が長年培ってきた食品、アパレル、雑貨、工業品などのセンター物流とECソリューションの融合によるオムニチャネルに対応した『ささげ』を最大の特長としたEC物流代行を提供していく」と説明。今後は順次、ECサイト制作から運営管理までのサービス提供を可能とし、「付加価値の高いワンストップのECフルフィルメントサービスへと拡張させる」としている。
    ◎関連リンク→ 沼尻産業株式会社

     
     
     
     
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら
     
     
     
  •