Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    NEXCO中日本 給油で再流入、同一料金の社会実験

    2016年7月29日

     
     
     

     中日本高速道路は7月15日から1年間、給油のため東海北陸自動車道の福光ICから一時流出し、再度流入した場合の料金を同一とする社会実験を行う。
     東海北陸自動車道ひるがのSAから北陸自動車道の有磯海SA方面は、150km以上ガソリンスタンド(GS)がない。高速道路外のGSを活用できれば燃料切れの不安解消、利便性向上にもつながる。
     福光ICで高速道路を降りて指定GSで給油し、一時流出から1時間以内に再流入すると目的のICまで降りずに走行した場合と同料金で利用できる。適用対象はETC車限定(車種は問わない)で、ETC車は指定GSで給油とETCカードの確認手続きを行う。


     指定GSは昭和シェル石油城端サービスセンター、金田城端サービスセンターの2か所。折り返し走行は対象外で、再流入後は最初の進行方向と同一方向に走行する必要がある。
    ◎関連リンク→ NEXCO中日本

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら