Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    SBSトランスポート ドライバーが脳MRI受診

    2016年9月28日

     
     
     

     SBSトランスポート(鳥海昭夫社長、東京都墨田区)はこのほど60歳以上のドライバーを対象に「脳MRI健診」を実施した。
     運転従事者脳MRI健診支援機構の助成金を活用し、費用の全額を会社が負担した。検査は脳内の未破裂動脈瘤の発見に特化したもので、助成制度を活用しても1人あたり2万円の費用が掛かる。
     ドライバーが運転中の動脈瘤破裂で「くも膜下出血」を発症した場合、ドライバー本人の命も危ないうえ、大事故を起こしかねないため、同社では「ドライバーの高齢化が進む中、健康起因の事故が多発している。事故を防止し、ドライバーの健康管理を強化する一環として、今回は36人のドライバーに受診を義務付けた」という。


    091612.jpg
     また、「所見のあったドライバーには専門医の紹介や日常の点呼時に意識的に声掛けをするなど、継続的な体調管理を行っていく。今後も従業員の健康管理レベルを高め、車両重大事故予防体制を強化していく」としている。
    ◎関連リンク→ SBSトランスポート株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら