Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    エリアリンク 大田区と提携、場所提供で備蓄に協力

    2018年2月21日

     
     
     

     大田区(松原忠義区長)が災害発生時の帰宅困難者のために備蓄品を置くスペースとして提携したのがエリアリンク(林尚道社長、千代田区)。同社は全国37都道府県・1500物件、7万5500室を展開している。

    同社の大滝保晃管理本部長は「レンタル収納スペース業界は、まだまだ認知度が高くない。我々としては、皆様にどのように利用していただけるか試行錯誤しているところ。東日本大震災や熊本地震が発生し、『モノを預ける』というニーズが出てきた。大田区をはじめ、いくつかの行政に災害備蓄品を保管されないか聞いたところ、大田区と条件が一致した」と説明。「もちろん、我々が提供できる場所も限られてくる。全国に1500あっても大田区で言えば15、16ぐらいしかない」と話す。

     「コンテナは無償提供するが、中身は大田区に用意していただく。災害があった際も、どのように使用するかは大田区のルールに則って進めていく」と大滝部長。「今後も拡大していくか、会社としてどのようにするかは検討段階。今回、レンタル収納スペースの一つの使い方を示せたと思う。これまでも個人用に災害用の備蓄に使っている人はいたかと思うが、はっきりとは言えない」としている。

    ◎関連リンク→ エリアリンク株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら