Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    運輸労連 「今までと違う春闘に」

    2018年2月28日

     
     
     

    運輸労連は2月27日、2018年春闘の方針などについて説明した。

    難波淳介中央執行委員長は「大手中心となるだろうが適正運賃収受の要請をしており、6〜7割は回答をもらっている。これが賃金に反映していくのは4月以降になるだろうが、変わっていく要因になるだろう。ただし中小からは、荷主に対して適正運賃収受の話が出来ていない」と述べた。

    働き方改革に対しては「各社・各地域の創意工夫があって働き方が完成するので、政府・政策に翻弄されることなく現地での協議と発信を行う」とした。そして「適正運賃収受も荷主から元請けにはなされていても、元請けから協力事業者に適正運賃の支払いがなされているか否か、労組は点検していただきたい」と要請。「様々な意味で今までと違った春闘になる。組合員の生活が安心・安定したものになるようバックアップする」とした。

    統一の賃上げ要求額は1万1000円を中心とし、一時金の要求額は年間一括では120万円以上、夏季一時金の場合は60万円以上。ヤマ場は15日の予定。

    ◎関連リンク→ 全日本運輸産業労働組合連合会

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら