Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    大和物流 海老名に物流センター、11月に稼働予定

    2018年3月30日

     
     
     

    大和ハウスグループの大和物流(緒方勇社長、大阪市北区)は3月6日、神奈川県海老名市に建設する「海老名物流センター(仮称)」を着工したと発表。

    同センターは、親会社である大和ハウス工業・竜ヶ崎工場から神奈川県・東京都内への住宅部材の配送で、効率化を図るために開発。トラックの走行距離を現状から36%削減するほか、物流施設の集約で、トラックの待機時間も7割削減を見込むなど、大和ハウス工業・大和物流の2社で効率化を計画。国交省が一昨年10月に施行した「物流総合効率化法(物効法)」の認定を受けた。南関東エリアでの建築・建材物流の新センターとして稼働する。

    敷地面積は約1万2350平方m、延べ床面積は約1万1817平方m。竣工は10月、稼働は11月を予定。

    ◎関連リンク→ 大和物流株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら