Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    スーパーマーケットのラルズ 仕入れで物流効率化

    2018年4月19日

     
     
     

    北海道に密着したスーパーマーケットチェーン大手のラルズ(猫宮一久、札幌市中央区)は、商品仕入れに関する物流効率化の取り組みを進めている。

    道内の仕入れでは、店舗への生鮮配送車の帰り便を活用して集荷を行っており、札幌市近郊を中心とした農業生産者、漁港、市場、新千歳空港などには毎日約50台の帰り便トラックを運行させている。このほか、加工場や資材・備品類などの集荷も帰り便を活用している。

    また、午前中に生鮮品を店舗へ配送した20台程の小型車両は、午後から商品宅配サービスに活用するなど運行効率を高める工夫をしている。

    道外からの仕入れでは、モーダルシフトを進めており、とりわけ「東京以西の仕入れ」はJR貨物のコンテナ輸送を積極的に活用している。12FTコンテナで約1000台を活用しており、今年度は、トラック輸送と比べてCO2排出量が約60%の削減、物流コストは約26%の削減につながった。また、東京の青果市場からの仕入れにも帰り便を活用している。

    海外からの仕入れでは、輸入コンテナの地域通関を推進しており、昨年は20FTコンテナで約600本、今年は1000本の通関数量を計画している。

    今後の物流効率化の方向性としては、「配送一元化構想」を検討。現状は生鮮、チルド、ドライ、冷凍が各々のセンターから各々の配送網で配送しているものを、集荷拠点の集約で、配送を一元化する考えを持っている。

    集荷、センター納品、店舗配送、店舗からの備品・資材などの回収、商品宅配など、効率的な車両の活用を図っていくことを計画するとともに、あわせて、センターでカテゴリー別の仕分納品を進め、店舗での作業費を削減させていきたい考え。

    ◎関連リンク→ 株式会社ラルズ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら