Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    日新とシノトランスジャパン 日中欧一貫輸送サービス、初出荷記念セレモニー

    2018年6月21日

     
     
     

    日新(筒井雅洋社長、東京都千代田区)とシノトランスジャパン(蒋紅寿社長、同港区)は6月20日、「日中欧Sea&Rail一貫輸送サービス」初出荷記念セレモニーを開催。同サービスは横浜港から中国・連雲港まで海上輸送し、鉄道を利用してカザフスタンと国境のホルゴスを経由し、ドイツ・ハンブルグまでの一貫輸送を実施するもの。来年からの本格稼働をめざす。

    日新の筒井社長は「中国と欧州間の輸送はめざましい発展を遂げている。このルートにあたる沿線国家に与える影響は計り知れない。今回のサービスは専用コンテナを利用して複合一貫輸送を提供する」とあいさつ。シノトランスジャパンの蒋社長は「日本から中国を経由して、ヨーロッパまでの輸送を確立し、安定したサービスを提供する。海上よりも早く、空よりも安くをモットーに事業を進めていく」とあいさつした。

    同サービスでは、横浜からハンブルグまで27日間で輸送を完了する予定。本格稼働すれば、コンテナ月当たり月間50本から100本の稼働をめざす。

    ◎関連リンク→ 株式会社日新

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら