Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    アイトス 空調服で熱中症対策、スポーティーな装い

    2018年7月25日

     
     
     

    アイトス東京本社(東京都台東区)は、物流業界で働く人々の熱中症対策として、「空調服エコワーカー」シリーズを展開している。同シリーズは、アイトス社のオリジナルデザインの作業服に、空調服社製のファンとバッテリーを取り付けたもの。「空調服」とは、服に取り付けたファンの送風能力で外気を服の中に取り入れ、空調効果を得る作業服。ファンは取り外しが可能となっている。

    同社営業本部の井上翔氏は、「当社の作業服の中でも特に人気のあるデザインに、風の流れを生み出すのに最適な素材を採用し、『空調服モデル』とした」と説明。「ポイントは作業服らしくないスポーティーなデザインを取り入れた点で、新しいスタイル」と自信を示す。

    シルバーグレー、ロイヤルブルー、ネイビーの3色展開で、「現場の声を考慮し、作業服で売れ筋の定番色を採用した」。サイズもSから6Lと豊富に揃えている。

    バッテリーとファンの「空調服セット」は服と別売り。「『弱』で8〜10時間は稼働するため、荷積み・荷下しや、配送先で降車した際の熱中症対策として使うことができる」。

    セットを外せば、作業服は普通に洗濯でき、「服は洗い替え用に2着、空調服セットは1セット」といったパターンでの購入も可能。ファンもグレーとブラックの2色から選べる。

    また、同社では遮熱ポロシャツ「ウィンクール」も販売。「シャツ裏面のポリエステルがひんやりするように織られており、肌に触れる部分が冷たく感じる」という製品で、「マイナス3度の体感」がポイント。同氏は「着ている間ずっと冷たいというわけではないが、風が通ると汗に反応し、ひんやりと感じる」とし、「空調服のインナーとして相性が良い」とアピールする。

    ◎関連リンク→ アイトス株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら