Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    ビール4社 東北でPパレ共同回収開始、業務負担が軽減

    2018年10月10日

     
     
     

    サッポロビール、サントリービール、アサヒビール、キリンビールの4社は10月9日、ドライバー不足などを背景に、パレット回収の物流合理化による環境負荷低減とメーカー・得意先双方の業務負担軽減を目的として、11月から東北6県でビールパレット(Pパレ)の共同回収の先行展開を開始すると発表。

    Pパレは、業界統一規格として1992年から酒類飲料業界で共同利用しているもの。2013年にPパレ共同使用会の一般社団法人化を契機として、伝票の統一、共通受払システムの導入といったPパレ管理業務の標準化が進んでいるが、得意先からの回収については各社が個別に実施していた。

    今回先行展開する共同回収では、回収先は、複数社と取引があり、年間でPパレ共同使用会加盟社合計の回収枚数が1万枚以上の得意先を対象とし、Pパレ回収をビール4社で分担(回収代表社を選定)し、得意先ごとに回収代表社1社が、ビール4社分のPパレを回収する。代表社がビール4社分を合算して、得意先と回収管理をおこなう。さらに、ビール4社のグループである各飲料会社4社分のPパレも回収対象に含む。

    今回の先行展開の効果検証に基づき、ビール4社による実施エリアの拡大、Pパレ共同使用会全体への展開の拡大を目指す。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら