Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    見直される納車式 リクルート効果も期待

    2019年7月11日

     
     
     

     「先代の頃はやっていたけど、昭和を感じさせる古くさいイメージがあり、いつの間にかやらなくなったよ」︱︱。神奈川県の2代目経営者はトラックの納車式についてそう振り返る。一方で、社内イベントとして積極的に実施し、ネットやSNSで公開する運送事業者は増えており、今日も「新車が入りました」という投稿が生まれている。

     10年前から始めたというロジックスライン(千葉県成田市)の沢田秀明社長は、「納車式はプロドライバーにとっては結婚式と同じ意味を持つ。『車両は大切なパートナー』という意識付けが改めてでき、気持ちが引き締まる」と説明。「納車式で鍵を渡すようになり、より一層、大切に乗ってくれるようになったと感じている」

     同社では、納車式当日にディーラーの担当者が新車を会社に届けるまで、どこのメーカーの、どの車種かをドライバーには秘密にしているという。「せっかくなのでサプライズの要素も盛り込んでいる。もちろん、担当するドライバーには1週間前に新車に乗りたいかどうか、意思を確認するとともに、新車を任される意味を理解してもらっている」

     食品物流を手掛ける茨城乳配(茨城県水戸市)も、納車式を実施している一社だ。吉川国之社長は、「2〜3年前から始めた。当初は各営業所で近所の神社にお祓いを受けに行っていたが、管理職の予定が合わず、本社に宮司様に来てもらい、一括して行うようになった」という。「本社で安全祈願をきちんとすることで、営業所に安心して送り出せる」とし、「納車してくれたディーラーや架装メーカーの皆さんに、感謝の気持ちを伝える場という側面もある」と付け加える。

     また、「自社サイトやSNSに投稿することで、『資金繰りの心配はない』というアピールになり、既存取引先や新規荷主に安心してもらえる。『毎年、新車を買っている会社なら自分も乗れるかも』と求職者に思ってもらえれば、応募につながることもあるはず」

     船井総研ロジ(東京都千代田区)の橋本直行取締役は、「道具を大事にする意識を育てるとともに、安全・事故防止への機運も高まるため、納車式は行う意義がある」と分析。「SNSやブログなどで開催を報告し、新車導入を内外にアピールすれば、『伸びている企業』という印象もつく」という。また、「納車式に合わせて会社説明会を実施すれば、リクルーティングにつながる」とアドバイスする。

     トラックドライバー求人サイト「ブルル」がツイッター上でドライバー896人に実施したアンケートでは、30%のドライバーが「納車式をやってほしい」と回答。「やってほしくない」は28%、「どちらでもいい」は42%だった。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別記事一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら