Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    UDトラックス セミナーで「つながるクルマの展望」議論

    2019年8月21日

     
     
     

     UDトラックス(埼玉県上尾市)は7月11日、「コネクティビティが変革する物流の未来―つながるトラックが生み出すスマートロジスティクスの可能性を探る―」と題したセミナーを開催。この模様はライブ配信され、視聴者からの質問に答えるなど、「つながるクルマ」の展望について、熱く議論が交わされた。

     プロセス&ソリューション部で統括責任者を務めるサティシュ・ラジュクマール氏は、「ユーザーのさらなる繁栄や幸福の追求、業界が抱える課題解決のために、コネクティビティは非常に重要」と切り出した。「利益を増幅させ、燃費を削減することで効率的なドライブが実現できる」。

     コネクテッドソリューション部のシェティ・ライ・チャンドリカ部長は、「クルマがつながることで、蓄積された膨大な情報が『意味のあるデータ』になる。これにより、ドライバーの安全性や車両の最適化が図れる」と指摘。「当社は、このデータを商品に反映させるだけでなく、包括的なサービスも提供している」と付け加えた。

     同部でビジネスアナリストを務める森弘一氏は、「当社のトラックは現在、約6万台がつながっており、2025年までに15万台を目指す」と説明。「コネクテッドサービスとして、『安心稼働サポート』や『省燃費サポート』などにより、生産性、稼働率、品質、安全性の向上が図れる」。

     また、同セミナーを共同開催したNTTドコモからは、5Gイノベーション推進室の中村武宏室長が登壇。「通信の進化が物流とモビリティの未来に与える影響」と題し、プレゼンテーションを行った。「2020年までに導入予定の5Gを活用し、車外にいる人をアバター化させて車内でコミュニケーションを取る実証実験も行っている。今後、自動運転化でドライバーの車内での過ごし方にも変化がみられるのでは」と分析した。

     登壇者全員によるパネルディスカッションも実施。座長を務めた自動車ジャーナリストの清水和夫氏は、「東日本大震災の3週間後に物資を持って被災地入りした際、通行できる道路が不明確だったが、様々な車両の通行履歴をもとに災害通行実績データが公開されて役立った」と振り返り、「クルマ同士がつながることには、大きな可能性が広がっている」と語った。

     サティシュ氏は、「コネクティビティは、タイムリーな運行の実現など、物流の効率性を向上できる。社会の発展のための大きな要素」と重要性を強調。「今後の展開を楽しみにしてほしい」とした。

    ◎関連リンク→ UDトラックス株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別記事一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら