Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    日本通運 自社パレタイズ一貫輸送商品を発売

    2006年9月25日

     
     
     

     日通はこのほど、九州地区の航空フォワーダーとして初めて、上海向け自社パレタイズ一貫輸送商品の販売を開始した。
     従来、九州地区発の国際貨物は、福岡空港で航空会社へ引き渡し、航空会社がULD(ユニット・ロード・デバイス)ビルドアップを行うことが一般的だったが、同社は航空貨物ダメージの低減や貨物リリースまでの時間短縮などの品質維持向上のため、自社ビルドアップオペレーションを9月から始めた。
     これは、8月に国際貨物受託を開始した佐賀空港発全日空の深夜フレーター便を利用したもので、福岡市内に位置する同社保税上屋でULDへの積み付けを行い、到着地でもグループ会社である天宇客貨運輸服務有限公司(上海)の上屋までULDのまま搬入、取り卸しをするもの。
     同社は、自社パレタイズ一貫輸送商品の仕向地を追加し、より高品質なサービス提供を行っていくとしている。
    ◎関連リンク→日本通運

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら