Now Loading...
 
  • トピックス

    脱税軽油の購入疑われ 給油後ドライバーに聞き取り調査

    2011年12月7日

     
     
     

    truck2_1205.jpg 軽油価格の高騰に伴い、運送事業者の一部では、脱税軽油と知りながら利用するケースも多い。大阪府税事務所などでは、街頭での抜き打ち調査をはじめ、インタンクを設置した事業者を突然に訪問して調査するなど取り締まりの徹底を図っている。



     堺市の運送事業者では、ある運送会社で給油しており、ドライバーが敷地を出たところ、府税事務所の職員に声を掛けられ、給油量、どんな燃料であったかを聞かれ、さらに後日、事務所を直接訪れて、平成20年11月から平成21年の全ての燃料費の請求ならびに領収書の提出を求められた。

     府税職員に話を聞くと、販売元の燃料会社を以前から調査しており、同社が燃料を購入していることから内容を調査させてもらったと説明。同社としても、大幅に価格が安いこともないことから、適正燃料として購入していたことを説明した。

     社長は「突然の聞き取り調査でドライバーもびっくりしていた。仕事に大きく影響してしまうことから、今後はメーカーの名前が掲げられた看板のSSで燃料補給を考えたい」と話した。

     脱税軽油などを利用すれば、販売店が軽油引取税を納めておらず、府税事務所に同引取税を納めることがなければ利用者に負担を迫ることが存在するため、軽油購入には十分注意したい。(佐藤弘行)

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「トピックス」の 月別記事一覧

     
  • トピックス」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら