Now Loading...
 
  • トピックス

    弥生梱包運輸(埼玉県狭山市)が破産手続き開始決定を受ける

    2012年5月8日

     
     
     

     弥生梱包運輸(株)(資本金2100万円、埼玉県狭山市上赤坂1598―1、登記面=狭山市北入曽61―3、代表林光弥氏、従業員15人)は11日、東京地裁から破産手続き開始決定を受けていたことが判明した。


     破産管財人は大迫惠美子弁護士。

     同社は、1981年10月に創業し、92年8月に法人改組した貨物自動車運送業者。食品や電化製品などの運送を中心に、宅配荷物の配送センター間の運送なども手がけていた。大手企業の物流関連業者や同業からの下請け業務が中心であったが、積極的な営業展開を図って顧客基盤を徐々に拡大し、06年5月期に約5億4000万円であった年収入高は、08年5月期には約7億3900万円にまで伸長していた。

     しかし、同業他社との競合や燃料費の高騰などにより収益性は常時厳しかった。以降、受注量はある程度確保していたものの、赤字決算が続き、財務面も悪化していた。このため、金融機関に対する返済猶予を要請するなどしていたものの、10年になって過労防止義務違反などが発覚し、その後、国交省の行政処分を受け対外信用が失墜。事業の継続が困難となって11年末頃には事実上営業を停止していた。

     負債は約3億9000万円。

     (東京商工リサーチ・帝国データバンク調べ)

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「トピックス」の 月別記事一覧

     
  • トピックス」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら