Now Loading...
 
  • ブログ・船井総合研究所

    第214回:問い合わせフォームの改善

    2013年9月29日

     
     
     

     ホームページからの問い合わせを最大化させるために、SEO(検索エンジン最適化)やLPO(ランディングページ最適化)という取り組みに注力されている企業様も多いと思います。SEOとLPOというキーワードは一般的に認知されるようになってきましたが、それらに続いて、最近ではEFO(エントリーフォーム最適化)という言葉も出てきています。要は、問い合わせを得るために問い合わせフォームを改善しよう、ということです。


    funaikawa.jpg
     お問い合わせページまでのアクセス数はあるものの、実際の問い合わせまで結びついていない場合や、お問い合わせページの離脱率が高い、というような場合は、問い合わせフォームに問題があるかもしれません。
     実際に、船井総研で実施した中で、簡単に取り組め、特に効果的だったのは次の10個のポイントです。
     1.入力項目はできる限り少なくし、スクロールしないで入力できるようにする
     2.半角・全角の指定はしない(どちらで入力しても受け付けるようにする)
     3.必須項目には印ではなく「必須」と明記し、任意項目には「任意」と明記する
     4.入力確認ボタンなど、大切なボタンは大きく表示する
     5.電話番号などの入力ボックスを分割しない
     6.削除ボタンや訂正ボタンは表示させない
     7.入力ミスを防ぐために記入例を掲載する
     8.エラー入力の場合は、その場でなにが間違っているのかをエラー表示させる
     9.問い合わせページには違うページに移動されないように、グローバルメニューやサイドメニューを表示させない
     10.フォーム内にメールアドレスや電話番号を明記しておく
     このような視点から、自社の問い合わせページがどのようになっているのか、一度見直してみてください。
    (船井総合研究所・河内谷庸高)
    ☆船井総研が運営する物流ビジネス情報サイト「http://www.ecologi.net
    ※記事は13年2月の記事執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    船井総合研究所

    本コーナーでは、船井総合研究所 環境ビジネスコンサルティンググループによる リレー連載を掲載します。

    ロジウェブネット http://www.logi-web.net/
    エコウェブ http://www.eco-webnet.com/

     
  • 「ブログ・船井総合研究所」の 月別一覧

     
  • ブログ・船井総合研究所」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら