Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【仮説立案力】

    2009年4月20日

     
     
     

    何を釣るのかを決めずに、海に出る漁師はいないでしょう。
    釣る魚を決めているからこそ、それに合った仕掛けができます。
    打率の高いバッターは、ほとんどがバッテリーの配球を予測して
    バットを構えています。
    どんなコースに球が来ても、瞬時に完璧な対応ができるバッターは、
    そういないと思われます。
    営業担当者も同様です。
    成績のよい担当者は、しっかりとした仮説を立ててから、初回訪問に
    臨みます。
    ターゲット企業の現状、業種・業態の特性、取り巻く環境などに
    ついて、事前に情報を収集・分析した上で、問題点・課題を想定し、
    提案仮説を練って臨むのです。
    そうすることによって、ムダがなく濃い商談を行なうことができます。
    商談の主導権を握ることができる可能性も高まります。
    営業担当者の仮説立案力の強化は、業績アップのための非常に重要な
    課題のひとつです。
    ==========================================================
    [船井総研発!【無料】繁盛経営メールニュース]
    ◆『物流企業こうすればもっと儲かる』(週3回配信)
     → http://www.funaisoken.co.jp/site/column/column_1182167927.html

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    船井総研ロジ株式会社 取締役執行役員 事業部長
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら