Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【企画立案の手順】

    2009年5月3日

     
     
     

    獲れる企画書を作成するためには、「顧客の代わりに、課題解決策を
    検討し、まとめている」というスタンスに立たなければなりません。
    自社の商品をどう売るかではなく、顧客にとって、今何が必要かを
    検討し、企画を立てるのです。
    ですから、企画立案の検討手順は、以下のようになります。
    1)顧客企が、本当に欲しいものは何か?
    2)それを実現するための障害(問題点)は何か?
    3)その障害を取り除くための課題は何か?
    4)課題解決のために、何をしなければならないか?
    5)それをしたときの効果は、どの程度か?
    6)そのために、どのような機能が必要になるか?
    7)そのとき、自社はどのように役に立てるか?
    8)フィーは、どのくらいいただけばよいか?
    自社の目的である7)や8)は、最後の検討項目です。
    これらの順番が前に行くと、顧客の要望から遠ざかった利己的な
    内容の企画になり、受注の確率は低くなります。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    株式会社船井総合研究所 上席コンサルタント
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら