Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【食糧自給率より】

    2009年5月31日

     
     
     

    方々で言われていますが、近いうちに、世界的な食糧不足に陥るのは、
    避けられないように思います。
    日本の食糧自給率は約40%であり、その低さが問題視されています。
    しかし、実は、事態はもっと深刻です。
    化学肥料の主成分である窒素、リン酸、カリウムは、そのほとんどを
    輸入に頼っており、そう考えると、自給・・・できていると言って
    よいのかという疑問がわきます。
    船井総研環境ビジネスコンサルティンググループでは、輸入化学
    肥料に頼らない、食品廃棄物を素とした液体肥料を使った循環型有機
    農法の研究と、企業としての食糧自給自足体制の研究のため、茨城
    県に農場を借りて、農業を始めました。
    食糧危機に備えるため、読者諸氏の企業においても、構成員の食糧
    確保の手段を考えておくべきでしょう。
    また一方で、農業ビジネスに、間違いなく大きな可能性が見込めると
    いうことでもあります。
    P1030434.JPG
    (茨城県の農場にて、畑を耕す私)

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    株式会社船井総合研究所 上席コンサルタント
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら