Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【混植・密植】

    2009年8月15日

     
     
     

    鎮守の森の再生を志向する繁盛環境企業、エスペックミックの植樹の
    ノウハウは、横浜国立大学名誉教授の宮脇昭氏が提唱する植樹手法
    です。
    宮脇方式の植樹は、競争と共生の原理に基づいています。
    50種以上の高木、亜高木、中木、低木、下草を、高い密度で混ぜて
    植え、後は自然の摂理に任せるのです。
    そうすると、時間の経過とともに、強いものが生き残り、弱いものは
    枯れていって、絶妙のバランスの鎮守の森ができ上がります。
    ただし、強いものといっても、特定の品種だけが生き残るわけでは
    ありません。
    山の上の方で強いものがあれば、下の方で強いものもあります。
    また、東西南北それぞれで、強い品種が違います。
    その他の条件も、影響を与えます。
    つまり、様々な品種が競争した結果、それぞれの特性に合った環境で
    生き残り、共生するようになるのです。
    先日、エスペックミックが植樹をプロデュースした森を視察した際、
    同社相談役の前田文和氏は「森も企業も、まったく同じです」と
    おっしゃっていました。
    企業においても、違った特性を持ったいろいろな人を、混植、密植し、
    競争と共生の原理を働かせることが、バランスの取れた強い組織を
    創るコツだということでしょう。
    船井流経営法の根幹である、長所伸展法にも通じます。
    DSC01553.JPG

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    株式会社船井総合研究所 上席コンサルタント
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら