Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【言うのはタダ!】

    2009年11月27日

     
     
     

    低価格で高機能なSFA(営業支援システム)を販売する企業、時空
    社長、檜野安弘氏は、「多くの営業担当者が、決めゼリフを言えない
    ことで、受注できる案件を落としている」と言います。
    檜野社長の推定では、勇気を持って決めゼリフを言うことができれば、
    受注案件は倍になるとのことです。
    それほどに、クロージングの場面で、次のアクションを示さない営業
    担当者が多いというのです。
    その対策として、檜野社長は、「営業担当者にとっての最悪の事態は、
    買ってもらえないこと」という意識を浸透させることだと言います。
    つまり、最悪と言ってもその程度のリスクなのだから、臆せず何でも
    言えばよいということです。
    そうすれば、受注率は推定で2倍になるのです。
    この意識を浸透させるために、「言うのはタダ!」という記憶に残り
    やすい表現での発言を、社内およびクライアント企業にてくり返し
    しています。
    貴社の営業担当者の傾向は、いかがでしょうか?

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    株式会社船井総合研究所 上席コンサルタント
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら