Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【会社は手段】

    2009年12月5日

     
     
     

    【会社は手段】
    「会社のためにがんばろう」という社員が、長く成果を上げ続ける
    のは難しいと言えるでしょう。
    会社などの「組織」は、何かを成すための手段であり、それ自体が
    目的ではないからです。
    ですから、組織は、自身が「何を成すためにあるのか」を常に問い、
    その実現のために尽力する必要があります。
    そして、社員は、「会社を使って何をしたいのか?」という問いの
    答えを持つ必要があります。
    会社のために働くのではなく、他社や他人に対し、自社を使って何が
    できるのかという考え方に基づいての仕事の方が、結局は支持を受け、
    発展につながります。
    これからは、単なる忠誠心の強い人ではなく、「世のため人のために
    なりたい」という想いの方を重視していただきたいと思います。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    船井総研ロジ株式会社 取締役執行役員 事業部長
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別記事一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら