Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【客観視】

    2010年3月1日

     
     
     

    個人でも企業でも、自身の成長戦略を描くにあたっては、まずは
    自身を客観的な視点で分析してみなければなりません。
    自分がどのような環境に置かれているのか、何が強みで何が弱みか、
    何があって何がないのか、自身を客観視して把握する必要があります。
    その上で、時流に適応し、長所を伸ばし、欠点を補う戦略を立てます。
    しかし、自身を客観視するのは、なかなか難しいものです。
    (厳密には、自分自身を客観視するのは不可能です)
    ポイントは、自分自身のことを知りたければ、他者(他社)を研究
    することです。
    実は、客観視とは「他者(他社)と比べてどうか?」という相対的な
    比較による視点なのです。
    ですから、比べるものを持っていない人は、客観的な視点での分析は
    できません。
    一般的な事例や先進事例、繁盛事例を知っているから、最も重要な
    長所や欠点が判るのです。
    我々が、経営トップ自身、または企業の成長のために、視察セミナー
    への参加を強く薦めるのも、こういった理由からです。
    自身に合った、実現可能性の高い成長戦略を描くためには、まず
    モデルケースについての知識を蓄える必要があります。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    株式会社船井総合研究所 上席コンサルタント
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら