Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【異業種競争戦略】

    2010年3月5日

     
     
     

    内田和成著「異業種競争戦略」(日本経済新聞出版社)は、どんな
    業種の経営トップにも、ぜひ読んでいただきたい良書です。
    4532314828.jpg
    筆者は、これからは業種の際を超えた戦い(「異業種格闘技」と表現
    しています)が、ますます起こってくるだろうと説きます。
    なぜなら、人口減少や人々の購買欲の低下などによって、わが国の
    多くのマーケットが縮小していくからです。
    ほとんどの企業は、マーケットの縮小に連動して、既存事業の業績を
    落とします。
    すると、新規事業を立ち上げざるを得なくなるため、異業種間競争が
    起こるのです。
    例えば、便利屋業や不用品回収業を営む企業が、引越サービスを付加
    する事例が、数年前から増えてきています。
    そして、最近では、既存の引越業が、付加サービスとして、便利屋
    サービスや不用品・リユース品関連サービスを検討・導入するという
    ケースが生まれてきています。
    従来のマーケットに身を置く企業なら、他人事ではありません。
    今後の戦略の立案にあたって、必ず役に立つ本だと思います。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    株式会社船井総合研究所 上席コンサルタント
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら