Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【新規農業参入の動向】

    2010年6月20日

     
     
     

    農業への新規参入については、規制緩和の方向にあることなどから、
    企業の関心が、非常に高まっています。
    建設業、福祉施設、製造業、飲食業、小売業、物流業などが、業種
    ・業態にかかるそれぞれの意図で、参入を検討するケースが増えて
    きました。
    例えば、建設業や福祉施設、物流業などは、既存の経営資源を有効に
    活用する手段として、農業への参入を検討するケースが多いようです。
    製造業、飲食業、小売業は、原料製造・調達の内製化とCSRのの視点
    からです。
    ただし、さらに進んでいる企業は、食品残渣や残飯、売れ残り品を
    活用したリサイクルループの構築を、将来ビジョンとしています。
    私のお付き合い先の運送会社でも、体力が衰えてきた年配の作業員や
    ドライバーの仕事を創るために、農業への参入を検討している企業は、
    何社もあります。
    これから必ず伸びていくこの農業のマーケットは、注視しておくべき
    マーケットです。
    【関連セミナー】 「本物の農を学ぶ大視察セミナー

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    船井総研ロジ株式会社 取締役執行役員 事業部長
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら