Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【診断メニューのメリット・デメリット】

    2010年7月16日

     
     
     

    顧客にとって最適な企画を提案するために、まずは診断から入るという
    アプローチは、とても有効です。
    例えば、物流企業なら、ターゲットの荷主企業へ営業アプローチを
    かける際に、輸送、保管、荷役作業などの現状を調査・分析し、
    問題・課題を挙げ、解決策を提示する「物流診断」の実施を提案します。
    このとき、荷主企業には、次に挙げるようなメリット、デメリットがあります。
    〈メリット〉
    ・自社の物流の現状が整理される。
    ・今まで不可侵だった領域へ、メスを入れる機会となる。
    ・自社の物流について、客観的な分析結果が得られる。
    ・物流改革の優先順位を付けるための元資料が得られる。
    ・物流の調査・分析手法を知ることができる。
    ・他社ベンチマークのためのデータを得ることができる。
    〈デメリット〉
    ・ある程度の対応工数を取られる。
    ・物流に関する社内の情報を、外部に開示しなければならない。
    ・今まで不可侵だった領域へメスを入れることで、担当者の既得権が
    奪われたり、過去の施策(or 無策)が非難されたりするリスクがある。
    営業展開においては、メリットを正しく伝え、デメリットへの対処方法を
    示して、不安を払拭させて、興味を持っていただく努力が必要です。
    ◆テキスト「荷主企業対象『物流診断』メニュー導入手法」ダウンロード
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    船井総研ロジ株式会社 取締役執行役員 事業部長
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら