Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【相手をダメにするほめ方】

    2010年8月9日

     
     
     

    「ほめて伸ばす」というのは、多くの人が認識している人財育成のコツです。
    しかし、スタンフォード大学のキャロル・S・ドゥエック教授は、
    「ほめ方によっては、能力を伸ばすどころか、相手をダメにして
    しまう場合もある」という、衝撃的な研究成果を発表しています。
    ドゥエック教授の指摘する「危険なほめ方」とは、ほめる対象を
    相手の「能力」とするほめ方です。
    例えば、テストの結果がよい子どもに対し、「頭がいいね」と、
    その能力をほめるとします。
    すると、その子は、ボロを出して自分の能力を疑われるようなことは、
    一切やりたがらなくなる傾向が強いそうです。
    新しい問題にチャレンジしなくなり、解けそうな問題にしか手を
    出さなくなります。
    そして、どこかで壁にぶち当たったときには、自分の能力を疑う
    ようになり、自信とやる気を喪失していくのです。
    しかし、相手の「能力」ではなく「努力」をほめるようにすると、
    結果は違ってきます。
    努力をほめられた子どもは、約9割が、新しいことにチャレンジする
    ことを好んで、学べるチャンスを逃さなくなり、どんどん成長していきます。
    つまり、能力をほめると子どもの知能は下がり、努力をほめると
    こどもの知能は上がるのです。
    部下育成においても、ルールはもちろん同じでしょう。
    なお、本件については、同教授の著書「『やればできる!』の研究
    草思社)に、くわしくわかりやすく書かれているので、リーダーの
    方には、ぜひ読んで欲しいと思います。
    41t6zzxMSbL._SL500_AA300_.jpg
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    船井総研ロジ株式会社 取締役執行役員 事業部長
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら