Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【真の意味での学習開始時期】

    2010年9月12日

     
     
     

    これからの社会においては、常に勉強し、知識と技術を向上させない
    者は生き残れないと、知の巨人、故ピーター・F・ドラッカー博士は
    説きました。
    なぜなら、情報化社会になって、ノウハウは高度化、細分化し、
    さらに、すぐに陳腐化してしまうようになったからです。
    企業、事業、商品、それぞれのライフサイクルが、どんどん短く
    なっていっているのです。
    そのため、継続的な学習をしない者は、生き残れません。
    ドラッカー博士は、「ドラッカー 最後の言葉」(講談社)の中で、
    次のように述べています。
    > かつては学校教育の終了時が学習の終了時であり、学業を修めた
    > 者は学校と縁がなくなるというのが常識でした。
    > ところが現在では、学校教育の終了時こそ、真の意味での学習の
    > 開始時期を指し示しているのです。

    この言葉は、個人を対象にしています。
    しかし、組織全体を取っても、全く同様です。
    組織も、学校を卒業して入社してきた社員を、独自の教育・研修
    プログラムで、継続的に学習させ、知識と技術を向上させて
    いかなくては、生き残れないでしょう。
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    船井総研ロジ株式会社 取締役執行役員 事業部長
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら