Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【ほめない+叱らない】

    2010年9月16日

     
     
     

    > 子どものやる気を育てるために、ほめて育てたいが、
    > ほめてばっかりでは、しつけにならないと感じる。
    > 叱ろうとすると、感情的になって怒っている自分に気づき、
    > 落ちこんでしまう。
    > 上手に叱るには、どうすればいいのでしょう・・・。

    子育て支援のNPO法人ハートフルコミュニケーション代表理事であり、
    企業の人材開発コンサルタントでもある菅原裕子氏が、子育て中の
    親から、よく受ける質問だそうです。
    上司‐部下の関係について、同じような悩みをお持ちのビジネス
    パーソンも、多いでしょう。
    しかし、菅原裕子氏は、この質問は一見よい質問のように見えますが、
    次のようないくつもの誤解が隠されていると言います。
    ・「ほめることはよいことだ」という誤解
    ・「叱ることがしつけになる」という誤解
    ・「上手な叱り方というものがある」という誤解
    これらが、なぜ誤解かと言うと、ほめることも叱ることも、すべて
    外からの働きかけで子どもをその気にさせようとする行為であり、
    本当のやる気は育たないからです。
    ほめられて動かされてきた子どもは、ほめられるために動くように
    なります。
    叱られて動かされてきた子どもは、叱られないために動くように
    なります。
    どちらも、やる気に基づいて動いているわけではありません。
    本当のやる気は、子どもの中から湧いてくる内発的なものです。
    親は、この子ども自身の中から湧き出る、やる気の種を撒く必要が
    あると、菅原裕子氏は説いているのです。
    同氏は、そのやる気の種は、「人の役に立つ喜び」だと説きます。
    子どもだけではなく、部下でも、同じでしょう。
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    株式会社船井総合研究所 上席コンサルタント
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら