Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【朝を観る】

    2010年10月1日

     
     
     

    管理職は、朝早く出勤すべきです。
    キヤノン電子社長の酒巻久氏も、著書の中で、「管理職は、誰よりも
    早く出社し、一番最後に退社すべきだ」と説いています。
    その意図は、部下のがんばりを観るためです。
    誰が早く来てがんばっているのか、誰が遅くまでがんばっているのか、
    評価することが、管理職の仕事だと言うのです。
    管理職の中には、「私が早く出社すると、部下が仕事をやりにくくて
    困るだろう」、「私が遅くまでいると、かえって部下が帰りにくい
    だろう」などとうそぶいて、実質は手を抜いている人もいます。
    しかし、管理職の仕事のうち、最も重要なのは、観てあげることです。
    よって、部下の労働時間を包み込むべきなのです。
    私は、このうち、誰よりも朝早く出勤し、職場の様子をうかがう
    ことの方が、晩に居残ることよりも重要だと思います。
    なぜなら、朝の職場を観れば、すべてが判るからです。
    朝早く出勤し、仕事に取り組む様子は、自主性の表れです。
    自主的な人は、必ず伸びます。
    逆に、始業時刻ギリギリに飛び込んでくるような部下は、受動的で、
    まだ仕事に打ち込めていません。
    そのような実態をしっかり観て、マネジメントすることが、管理職の
    最も重要な仕事なのです。
    管理職の方は、「朝」を観ましょう。
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    株式会社船井総合研究所 上席コンサルタント
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら