Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【労務リスク回避に向けて】

    2010年10月9日

     
     
     

    使用者側の労務事件解決を専門とする弁護士、向井蘭氏によると、
    意外にも、ワンマン社長の会社では、労務事件はあまり起きないそうです。
    例えば、最近話題になっている、残業代の未払い分の請求の訴えに
    ついても、その多くは、トップのカリスマ性で社員を掌握するのではなく、
    体制やシステムの整った企業で起きているとのことです。
    また、業績のよくない企業では起きにくいという特徴もあります。
    つまり、リスクが高いのは、やり手の2代目、3代目社長の企業です。
    訴える人のほとんどは、既に辞めた社員です。
    向井蘭氏は、「事前対策をすることが重要だ」と言います。
    ご承知のとおり、今後、この手の事件は増えていく可能性が高いと言えます。
    問題を抱える企業にとっては、重要性だけではなく、緊急性も高い課題です。
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    船井総研ロジ株式会社 取締役執行役員 事業部長
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら