Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【社員の気持ちを知るためのシステム】

    2010年10月16日

     
     
     

    「提案制度を導入したところ、『提案』ではなく『要望』を出して
    くる人が多くて、困っている」という経営トップの嘆きを、聴く
    ことがあります。
    『要望』とは、客体的で、定量的効果が見込めない事項です。
    要望事項は、ワガママと紙一重の場合も多いため、経営トップが嘆く
    気持ちは、よく解かります。
    しかし、私は、要望もどんどん出してもらった方がよいと思います。
    なぜなら、たとえワガママや甘えだとしても、出した人がそのように
    感じていることは、事実だからです。
    事実をつかまなければ、適切な対処はできません。
    例えば、「制服を、もっとカッコいいものにして欲しい」という
    要望事項が、提案箱に投書されたとします。
    この場合、制服には、機能性や耐久性などのデザイン以外の選定
    基準があったり、デザインの評価は、そもそも主観であったりするため、
    判断は難しいと言えます。
    しかし、提案者が、今の制服を「カッコ悪い」と、不満に思っている
    ことは、事実です。
    そういう隠れている不満・要望事項を知る機会は、提案制度でも
    なければ、なかなか得ることができません。
    もしもその要望をきき入れないとしても、不満を持たれたまま、
    それを知らずに置いておくのと、知った上で不採用の理由を説明する
    のとでは、まったく違います。
    提案制度は、社員の今の気持ちを知るためのシステムでもあります。
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    船井総研ロジ株式会社 取締役執行役員 事業部長
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら