Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【数字は後からついてくるってホントかよ】

    2010年12月25日

     
     
     

    510L0DqMAEL._SL500_AA300_.jpg
    イチロー10年物語」(集英社
    最近は、売上げや利益など業績数値偏重の経営の限界が明らかになり、
    企業の社会的責任が問われています。
    社会性重視の活動をしなければ、業績が上がらなくなってくるという
    ことだと思います。
    しかし、これは、社会性重視の活動をしていれば、自然に業績は
    上がってくるということではないでしょう。
    イチローは、今年、前人未到の10年連続シーズン200本安打を達成した
    後の雑誌インタビューで、次のような発言をしています。
    > 今年思ったのは「数字は後からついてくるってホントかよ」ってこと。
    > 数字って、残そうと思って残すもんじゃないのかって・・・。

    彼は、昨年、9年連続の200本安打を達成し、「やっとこれから結果は
    後からついてくるシーズンになるんじゃないか」と期待していたとの
    ことですが、「全然そんなことなかった」そうです。
    意識しなければ、高い目標を達成するだけの行動はできないのだと思います。
    企業としては、やはり論語と算盤の両方が重要です。
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    船井総研ロジ株式会社 取締役執行役員 事業部長
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら