Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【経営改革への投資】

    2011年1月30日

     
     
     

    企業に変化をもたらしたいときは、まずよく見えるところから変えて
    いくのが有効な手順です。
    10年間赤字の長崎運送(現・長運)を買収し、わずか8ヶ月で黒字化
    させたタカラ物流システムの社長、大谷將夫氏も、まずはよく見える
    ところの変更に着手したそうです。
    ■コーポレートカラーを変えた
    ■社屋の看板、名刺、封筒、給料袋を変更した
    ■天井の照明をすべて明るく新しいものに取り替えた
    ■建物の外壁を白く塗り替えた
    ■事務所の壁紙を張り替えた
    ■女子更衣室を広げ畳や壁紙を新しくしロッカーも買い替えた
    ■女子社員のユニフォームを変えた
    ■トイレの便器を洋式にし、温水洗浄便座を取り付けた
    ■社員の休憩用に畳の部屋をつくった
    ■運転手や作業員の控え室に大型テレビを入れた
    大谷社長曰く、「これくらいの投資で社員たちの気持ちが一新し、
    経営改革を肌で感じてもらえるなら安いものだと思う」。
    意識改革のため、大谷社長は、顧客よりも社員に見えるところの
    変更にまず着手すべきだと考えているのです。
    変化を求めるなら、スタート時にこのくらい派手にやる必要が
    あるのだと思います。
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    船井総研ロジ株式会社 取締役執行役員 事業部長
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら