Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【本音にフォーカスする​】

    2011年5月21日

     
     
     

    たとえBtoBの販促であっても、あくまでもターゲットは個人だと認識
    して臨むべきです。
    相手企業の理想や建前だけではなく、自社がターゲットとする部門
    担当者の「本音の欲求」に焦点を当てた販促をした方が、当たりは
    確実に大きくなるからです。
    例えば、あなたがアウトソーシングサービスを売っているなら、
    コストダウンや業務品質の向上といったメリット訴求が、本当に
    ターゲット部門の担当者に響いているのか、考えてみましょう。
    心の底では、その担当者は、自身の手間やリスクの軽減、または昇給、
    出世などを欲しているのではないでしょうか?
    あなたの提供するアウトソーシングサービスによって、そういった
    本音の欲求が実現すると感じられたら、たぶんその方は問い合わせて
    くるでしょう。
    BtoB企業の使命は、顧客企業の競争力強化です。
    ただし、販促においては、あくまでもターゲットは個人だと認識して、
    内容を練り込みましょう。
    バックナンバー
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    船井総研ロジ株式会社 取締役執行役員 事業部長
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら