Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【滅びる企業の条件】

    2011年6月30日

     
     
     

    「民族滅亡の三原則」という有名な原則があります。
    1.理想(夢)を見失った民族
    2.すべての価値をモノでとらえ、心の価値を見失った民族
    3.自国の歴史を忘れた民族
    歴史を紐解くと、滅びた国、民族は、これらの条件を備えていたと
    いう分析がされています。
    つまりは、船井総研創業者の船井幸雄が説いたように、「今だけ、
    自分だけ、お金だけ」では、永続きしないということでしょう。
    もちろん、この原則は、国や民族といったマクロなものだけではなく、
    企業体にも当てはまります。
    達成したいビジョンがなく、唯物的・拝金主義で、独自固有の成り
    立ちを大切にしない企業が滅びるのは、自明の理でしょう。
    ですから、経営トップは、企業存続のために、ぜひビジョンを示し、
    社史を語り、親身法を奨励していただきたいと思います。
    バックナンバー
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    株式会社船井総合研究所 上席コンサルタント
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら