Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【事故やクレームが教​えてくれること】

    2011年8月19日

     
     
     

    事故やクレームなどの不具合は、たいてい忙しく、パンク気味の
    ときに起きるものです。
    事故やクレームは、自身の欠点を教えてくれる、ありがたい現象だと
    言われる所以です。
    非常時でも、普通以上にできることは、自身の長所です。
    しかし、人は、パンク気味になると、不注意になり、「普段から
    苦手だが、余裕があるから、注意して、何とかこなせているような
    こと」が、不完全にしかできなくて、こぼれていきます。
    その結果、事故やクレームが起きます。
    ですから、事故やクレームによって、欠点が明らかになるのです。
    事故やクレーム自体は、関係者に迷惑をかける、基本的にはあっては
    ならないことです。
    しかし、それらを欠点発見の機会だととらえる、前向きな視点も
    重要だと思います。
    バックナンバー
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    株式会社船井総合研究所 上席コンサルタント
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら