Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【どんな人に勧めていい​か判らないクルマ】

    2011年10月16日

     
     
     

    クルマ評論書「2011年版 間違いだらけのクルマ選び」(草思社)に、
    おそろしい表記がありました。
    本書は、自動車評論家の徳大寺有恒氏と島下泰久氏が、現行の各車に
    ついての評価を記す、ベストセラーシリーズです。
    各車のよい点、よくない点、どんな人におすすめか・・・といった
    マイカーの選定に役立つポイントが書かれている本です。
    大きく賞賛されているものもあれば、批判されているものもあります。
    ただし、後者の場合も、「こういうところが残念だ」という指摘で、
    「こういう人は買えばいいんじゃないですか?」という論調です。
    例えば、ホンダアコードは、「日本のユーザーのことを考えて
    いないクルマ」というキャッチコピーを付けられ、その大きなボディ
    サイズから、日本では使いにくいと批判されています。
    しかし、「走りっぷりはハイスピード志向」、「走り屋メーカー
    であるホンダのいいところが出ている」、「ワゴンなら大掛かりな
    レジャーにも充分使える」など、ユーザーの趣味嗜好によっては
    購買ポイントとなる長所も書かれています。
    ただ、あるクルマの評には、ゾッとするものがありました。
    キャッチコピーは、「どんな人に勧めていいか判らないクルマ」。
    > 高級セダンのように使えるかと言えば、
    > 確かに室内空間は十分であっても、
    > 装い自体にフォーマルさが足りないし、
    > 走りも悪くはないが心ときめくものではない。
    > かと言って、ワゴンとしてもミニバンとしても光るところはない。
    つまりは、特長のない商品だということです。
    商品の良し悪しは、「誰にとって?」というターゲットが明確な
    ことが前提であり、ある層にとってよくても、他の層にとっては
    よくないようなものでなければ売れないことが、よく解かります。
    「どんな人に勧めていいか判らない」は、最悪の称号でしょう。
    あなたの商品は、おすすめすべき人が明確に浮かびますか?
    バックナンバー
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    船井総研ロジ株式会社 取締役執行役員 事業部長
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら