Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【足元商圏強化】

    2011年11月27日

     
     
     

    同じ売上高を上げるのなら、商圏はできるだけ狭い方が、営業効率は
    上がります。
    既存顧客フォローの効率についても、同様です。
    遠方のターゲットを訪問するのにかかる時間で、近隣なら何件も回る
    ことができます。
    ただ、意外に、近隣の顧客から仕事をもらえていないケースは、多い
    ようです。
    理由は様々でしょうが、「今さら訪問しても・・・」と考えて、腰が
    上がらないというのも、多いのではないでしょうか?
    しかし、先方も、同じ様に考えている可能性があります。
    「現在、取り引きをしていないのは、過去に、何かマズイことが
    あったのではないか?」と現状をとらえて、声をかけてこないのかも
    しれません。
    もしも実際に何かがあったにしても、その程度なら、既に、時効を
    迎えていると考えてよいでしょう。
    足元商圏を固めるのは、商売の鉄則です。
    近隣企業へのアプローチを、おろそかにしてはいけません。
    バックナンバー
    Facebookページ
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    株式会社船井総合研究所 上席コンサルタント
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら