Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【共食いを恐れるな】

    2012年2月13日

     
     
     

    時流の変化のあおりを食って、最も業績を悪化させるのは、多くの
    場合、前の世代のトップ企業です。
    時流が変われば、新たな繁盛企業が、前の世代のトップのやり方を
    否定するかたちで現れます。
    そのとき、多くのトップ企業は、図体が大きくなってしまっていて、
    柔軟に動けず、負けていくのです。
    そのような状態に陥らないためには、既存の自社のやり方を否定し、
    新たな展開に全力をかける必要があります。
    しかし、それは、たいてい既存の部門を否定することになりますから、
    充分にできない企業が多いのです。
    斬新な製品を次々に大ヒットさせた、アップル創業者のスティーブ
    ・ジョブズ
    は、次のように述べています。
    「自分で自分を食わなければ、誰かに食われるだけだからね」
    彼は、『共食いを恐れるな』を、事業の基本原則としていたのです。
    ですから、アップルは、iPhone発売によるiPodの売上げへの影響や、
    iPad発売によるノートブックの売上げへの影響が予想できても、突き
    進むことができました。
    その結果、既存事業との共食いを恐れて充分に動けなかった、各界の
    トップ企業たちを圧倒できたのです。
    時流の変わり目には、既存の自社のやり方を否定する、共食いを
    恐れず突き進むことが、必要になります。
    バックナンバー
    Facebookページ
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    船井総研ロジ株式会社 取締役執行役員 事業部長
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら