Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【安定化・固定化のための反省会】

    2012年3月12日

     
     
     

    多くの国内マーケットが縮んでいくこれからは、既存顧客との取り
    引きを守る施策が、最も重要な取り組み事項のひとつになります。
    そのためには、それぞれの顧客をより深く知り、利用回数を追う毎に
    効果が高まる企画を提案していく必要があります。
    展示会ブースの設計・施工会社、エフ・ティ・システムは、案件を
    受注したときに、当該展示会の会期終了後に開催する反省会の日時を、
    顧客と決めておくようにしています。
    顧客企業の事務所で、先方の担当者と一緒に、展示会の成果の予実を
    確認し、ブースを含めた施策のよかった点や、次回へ向けての課題を
    挙げていくという趣旨の反省会です。
    反省会の場で出た内容を素に、次回出展時の企画を練ります。
    ですから、回を追う毎に、企画のレベルは上がっていくのです。
    このサイクルがしっかり回っている顧客企業が、競合他社に奪われる
    危険性は、かなり低いと言えるでしょう。
    リピート率を上げるためには、企画を毎回レベルアップさせていく
    ことが必須です。
    バックナンバー
    Facebookページ
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    株式会社船井総合研究所 上席コンサルタント
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら