Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【えこひいき】

    2012年7月3日

     
     
     

    学生時代は、「えこひいき」はよくないことだという感覚を持つのが、
    普通かもしれません。
    しかし、社会に出てからは、いかにえこひいきされるかが、社内外の
    どちらにおいても、重要な行動目的になってきます。
    これは、「媚びへつらおう」という意味ではありません。
    「ひいきの店」という表現があります。
    自分のオーナーは自分ですから、自分を独立した「店」ととらえると、
    ひいきにされなければ、繁盛は望めません。
    社会人として、えこひいきされるということは、「応援される」と
    いうことです。
    普段から、えこひいきされる、応援されるような行動をしているか、
    それがとても重要です。
    「自分ばかりが損をしている」、「自分の希望はいつも通らない」、
    「なぜあんな人が重用されるのか?」、「自分はいつも悪者扱い」と
    いった不満を、少しでも感じている人は、応援されるにはどうすれば
    よいか、あらためて考えてみるとよいのではないでしょうか?
    結果には、すべて原因があります。
    船井総研 創業者の船井幸雄が説く「世の中で起こることは、すべて
    必然、必要、ベストと考えていいようだ」という発想にも、通ずると
    思います。
    バックナンバー
    Facebookページ
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    株式会社船井総合研究所 上席コンサルタント
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら