Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【適正な評価項目数】

    2012年8月7日

     
     
     

    人事考課の評価項目の数は、できるだけ少ない方が、よいでしょう。
    できれば、3つでよいと思います。
    多くても、5つまでが、適正ではないでしょうか?
    定性評価と定量評価の両方がある場合でも、各3~5個で、十分です。
    なぜなら、評価項目は、考課対象者にとって、行動指針であるべき
    だからです。
    行動指針は、日々常々、意識されなければ、意味がありません。
    よって、少ない数にして、覚えやすくすべきなのです。
    例えば、S運送社では、ドライバーの評価項目として、「あいさつ」、
    「身だしなみ」、「洗車の状況」の3つだけを掲げています。
    彼らには、現段階では、これら3項目の徹底のみを求めているのです。
    ここには、「これらの項目が徹底されるようになれば、会社全体の
    業務品質が上がるだろう」という思惑があります。
    そして、実際に、これらが徹底されるようになれば、項目を新しく
    すればよいのです。
    項目数が少ないため、徹底は図りやすいと思います。
    バックナンバー
    Facebookページ
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    船井総研ロジ株式会社 取締役執行役員 事業部長
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら