Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【不満と不安】

    2012年8月26日

     
     
     

    船井総研 執行役員の菅原祥公は、好景気のときと不景気のときでは、
    従業員マネジメントの方向性が違うと説きます。
    ここで言う好景気、不景気は、世の中全体のことだけではなく、個別
    企業の業績状況についても含んでいます。
    つまり、右肩上がりの状況下と、左前、または横ばいの状況下では、
    従業員の心理状態が違うため、ケアポイントも違うと言うのです。
    好景気のときは、従業員には不満が溜まりやすくなります。
    なぜなら、仕事が忙しくなって、ストレスが溜まりやすいからです。
    そのため、「不満」に対応し、解消するためのマネジメントが必要に
    なります。
    一方、不景気のときは、従業員は不安になりがちです。
    先行き不安が、ストレスになります。
    ですから、「不安」に対応し、解消するためのマネジメントを
    しなければなりません。
    今の時代には、後者のマネジメントが求められるケースが、多いの
    ではないでしょうか?
    バックナンバー
    Facebookページ
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    船井総研ロジ株式会社 取締役執行役員 事業部長
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら