Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【批判的な者を抜擢する】

    2012年10月26日

     
     
     

    破竹の勢いで業績を伸ばす物流企業、富士運輸の社長、松岡弘晃氏は、
    「会社に批判的な者は、管理職にふさわしい」と言います。
    同社の昇格の仕組みは、立候補制です。
    例えば、新しい拠点の長を任命する際には、会社から指名するのでは
    なく、やりたい人に手を挙げさせ、その中から抜擢します。
    『やらされ感』ほど、マイナスなものはないからです。
    逆に、『自主性』ほど強いものはありません。
    ときには、会社に反抗的、批判的な社員が、立候補してくることが
    あります。
    松岡社長は、「そういう者こそ採り立てるとよい」と言います。
    なぜなら、問題意識を持っており、かつ自主性のある社員は、革新を
    起こそうとするからです。
    さらに、「上(会社、上司)にものが言える社員が、下(部下)に
    ものを言えないわけがない」(松岡社長)と、その指導力にも、期待
    できるということなのです。
    実際に、そのような人は、よい結果を出しているそうです。
    反抗、批判のエネルギーを、会社の革新に振り向けることができれば、
    これほど強いことはないと思います。
    バックナンバー
    Facebookページ
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    船井総研ロジ株式会社 取締役執行役員 事業部長
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら