Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【第二創業期】

    2012年10月27日

     
     
     

    京都市に本社を置く繁盛物流企業、五健堂は、2012年9月からの歩みを
    第二創業期と位置づけ、企業体質の抜本的な改革を図っています。
    マナーからサービスまで、すべての品質を最高レベルに持っていく、
    抜本的な取り組みです。
    きっかけは、社長の蓮尾拓也氏の違和感とビジョンの修正です。
    創業から23年、地域一番の食品物流企業に成長してきた同社ですが、
    挨拶、身だしなみ、サービスレベルなど、本当に納得のいくものに
    なっているかと考えると、そうではないという違和感です。
    また、将来を見据えたビジョンとして、京都一、関西一から日本一へ、
    照準を変えたときに、それらが、全く必要レベルに達していないと
    いう認識からです。
    蓮尾社長は、日本一という新たなビジョンの達成、そして本当に
    納得のいく企業体質の実現のため、第二創業期というコンセプトを
    掲げたのです。
    キックオフがなければ、なかなか抜本的な改革はスタートできません。
    そこで「第二創業期」というコンセプトは、非常に有効だと思います。
    ただし、掲げたからには、絶対に後退、失敗の許されない旅路です。
    蓮尾社長は、「10億円の物流センターを建てるよりも、勇気の要る
    決断」だと、おっしゃっていました。
    バックナンバー
    Facebookページ
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    船井総研ロジ株式会社 取締役執行役員 事業部長
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら