Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【長所伸展視点のホームページ改善施策】

    2012年11月10日

     
     
     

    よく言われるホームページの改善ポイントのひとつに、各ページの
    直帰率を一定の割合以下にすることがあります。
    直帰率とは、そのページだけを閲覧して離れてしまった人の割合です。
    直帰してしまう理由には、目的の情報がなかった、または逆に目的が
    満たされてしまった、他ページへの入り口がよく判らなかったなどが
    考えられます。
    これらの理由をつぶす施策を打っていき、率を改善します。
    ただし、私は、この前に、もっと重要な改善ポイントがあると考えて
    います。
    それは、離脱率の低いページをいじることです。
    離脱率とは、そのページを最後に離れてしまった人の割合です。
    その割合をさらに落とすのです。
    特に、問い合わせフォームへの遷移率の高いページは、改善対象です。
    フォームへの誘導力をアップする仕掛けを強化すれば、問い合わせは、
    必ず増えてきます。
    まずは、長所伸展が原則です。
    バックナンバー
    Facebookページ
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    株式会社船井総合研究所 上席コンサルタント
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら