Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【即時処理グセの付け方】

    2012年11月16日

     
     
     

    船井総研創業者の船井幸雄は、成功する人の持つ特性のひとつとして、
    「即時処理グセ」を挙げています。
    ものごとをその時にすぐやってしまえば、後で思い出すという手間が
    なく、忘れてしまうというリスクもなく、後工程の人にも待つという
    無駄が発生することはありません。
    とても効率的です。
    しかし、多くの場合において、経営トップと社員、組織によっては
    幹部の即時処理への意識の高さには、大きな乖離があります。
    スピード感が、まったく違うのです。
    即時処理グセを身に付けている人にとって、「すぐに」とは、本当に
    「今すぐ」です。
    しかし、一段以上レベルが低い人にとっては、「早めに」なのです。
    この乖離を埋めるためには、経営トップが、次のことを実践する
    必要があります。
    ・本当の即時処理をできるだけ多く見せ付ける
    ・指示したことは、できるだけその場でさせる(超短納期にする)
    前者については、場合によっては、後でした方がよいことでも、発生
    したときに、わざと目の前でやってしまうのです。
    後者は、例えば、どこかへ電話をさせる指示なら、その場でやって
    もらうことです。
    つまりは、経営トップのスピード感を、身体に植え付けることが
    重要なのだと思います。
    バックナンバー
    Facebookページ
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    船井総研ロジ株式会社 取締役執行役員 事業部長
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら